完全オリジナルにする

Youtubeで著作権保護コンテンツが含まれている状態というのは、動画の投稿者の視点では、投稿した動画に他人の著作権を侵害しているものが含まれている状態ということができます。アーティストの楽曲、漫画、テレビ番組など、著作権保護コンテンツが含まれている状態になるものは数多くあります。

注意したいのは意図的に動画内に収録していないケースです。結婚式の様子を撮影した動画をアップロードした際に、新郎新婦の入場などでアーティストの楽曲がバックで流れている場合、著作権保護コンテンツが含まれている状態になることがあります。また、子供の運動会でダンスをしている様子を収録、アップロードを行なったところ、ダンスで使用している楽曲がアイドルのCD音源だったため、公開することができなかったというケースもあります。

著作権保護コンテンツが含まれている状態になるのを防ぐためには、他人の著作物がいっさい含まれていない動画を作成することが一番確実な方法です。もしも投稿したい動画にアーティストやアイドルの音源そのものが使用されているような場合には、ミュートにするか、音声を差し替える、テロップを入れるなどの対処法が有効です。音楽などの素材を自作できる人は、自作のBGMなどを動画に収録すると良いでしょう。