Youtubeのコンテンツ保護

大手動画サイトのYoutube。動画を視聴する側としてではなく、投稿する側の人も大勢います。なかには動画投稿で稼いでいるYoutuberなる人も多数います。このYoutubeに関する言葉にコンテンツ保護というものがあります。これは著作権保護と言い換えることが可能です。

著作権は創作者のあらゆる著作物=音楽、映像、絵画などに自然に生じる権利のことです。Youtubeに自分の創作した音楽が収録されている動画が無断で投稿されたという場合には、削除依頼をしたり、法的な処置をとったりすることが可能です。また、誤って検知されることもありますが、著作権で保護されているコンテンツはYoutube側でシステムが自動解析しています。

参考資料〔YoutubeコンテンツIDを利用した著作権保護サービス – クロスワープ

通報や著作者による削除通知、システムが行なう自動検知により、著作権によって保護されているコンテンツに対しては警告などの通知がきたり、動画が削除されたりします。無断のアップロードを繰り返し行なう悪質なユーザーに対しては、アカウントの停止や収益化する権利を剥奪する処分が下される形になります。

Youtubeに動画を投稿する人にとって、こうした重い処分を受けてしまうのはなんとしても避けたいところです。当サイトでは、Youtubeで著作権保護コンテンツが含まれている状態になることを防ぐ方法を紹介していますので、興味がある人はチェックしてください。また、誤って検知されたしまった場合の対処法についても解説しますので、あわせてご確認ください。