フリー素材を使う

動画に楽曲を入れたいけれど、削除などのペナルティが恐くて入れることができない、自分でオリジナルのBGMを作曲することができないという悩みがある人は多いでしょう。もし他人の著作物が含まれていない完全オリジナルの動画作成が困難なのであれば、フリー素材を取り入れてみてはいかがでしょうか。

フリー素材は他人の著作物ではあるのですが、創作者以外の人たちが自由に使っていいもののことをいいます。そしてそのように使用されることを前提に、インターネット上に音楽やイラストなど、さまざまなコンテンツがフリー素材として公開されています。ただし、完全フリーというわけではない場合があるため利用する前には気をつけなくてはいけません。

たとえば利用目的に制限が設けられていることがあります。商用利用が不可能などの条件が定められていることがあります。アダルトなど特定の分野での使用が制限されていることもあります。

利用目的以外には、リンクやクレジット表記が必要な場合があります。フリー素材のサイトのURLや名称を動画のなかにテロップとして入れたり、動画説明文に記載したりといったことが求められます。

また、サイト管理人に連絡することが必要なケースもあります。こうした制限がいっさいないところもあれば、すべて盛り込まれているようなところもありますので、事前に利用規約を確認したほうが良いでしょう。

完全オリジナルにする

Youtubeで著作権保護コンテンツが含まれている状態というのは、動画の投稿者の視点では、投稿した動画に他人の著作権を侵害しているものが含まれている状態ということができます。アーティストの楽曲、漫画、テレビ番組など、著作権保護コンテンツが含まれている状態になるものは数多くあります。

注意したいのは意図的に動画内に収録していないケースです。結婚式の様子を撮影した動画をアップロードした際に、新郎新婦の入場などでアーティストの楽曲がバックで流れている場合、著作権保護コンテンツが含まれている状態になることがあります。また、子供の運動会でダンスをしている様子を収録、アップロードを行なったところ、ダンスで使用している楽曲がアイドルのCD音源だったため、公開することができなかったというケースもあります。

著作権保護コンテンツが含まれている状態になるのを防ぐためには、他人の著作物がいっさい含まれていない動画を作成することが一番確実な方法です。もしも投稿したい動画にアーティストやアイドルの音源そのものが使用されているような場合には、ミュートにするか、音声を差し替える、テロップを入れるなどの対処法が有効です。音楽などの素材を自作できる人は、自作のBGMなどを動画に収録すると良いでしょう。